\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

メルセデス・ベンツ 220S

Information

年式:1957年
色:シルバー
内装:黒レザー
走行:不明
検査:車検2年付
4速マニュアル、サンルーフ、クーラー装備

・Price  SOLD OUT

Description

W180シリーズは、戦後メルセデスのラインナップをより近代化したモデルの先駆け的なクルマで、1956年にデビューし、丸みを帯びたモノコックボディの形状から“Ponton(ポントン)”と呼ばれました。エンジンは2.2L直6で、ボディは4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドアコンバーチブルがラインナップされています。1958年には、後期型のW128が登場し、同系車は1959年まで製造されました。

Sクラスと呼ばれるモデルの前身にあたるモデルで、その作りは丁寧に1台1台ハンドメイドで作られていた古き良き時代のメルセデスベンツを象徴するモデルです。当車両の220Sは、まさに当時ベンツの最高級車といってよい1台。その中でも、このクーペモデルは生産台数も少なく日本国内にも少数ですが正規代理店であるウエスタン自動車により輸入されています。当時の日本車のレベルと比較すれば超の付く高級車といえます。

当車両は、平成2年にメルセデスマニアによりアメリカより個人輸入されており、日本国内において一度全体的なレストレーションを行っています。その際には、夏でも乗れるようにとクーラーも装備されています。
エンジンは2.2L/6気筒、OHCで124馬力。トルクもありとても乗り易いエンジンで6気筒らしい静粛性も兼ね備えています。
サイズも長さ4.7m、幅1.74m、高さ1.56mと国産の中堅セダン位のサイズで取回しも悪くありません。

パワステもなく4速マニュアルミッションですが、細目のタイヤサイズと相まって以外にステアリングも軽く苦になりません。
更にオプションのサンルーフが当時の装備としては珍しく備わっており、より高級感を醸し出しています。
1956年から59年までの4年間に、クーペとコンヴァーチブル併せて僅か3400台少々しか生産されませんでした。
勿論、日本国内で同型車を見かけることは殆どと言って無いでしょう。
大変貴重な220Sポントンクーペ、是非この機会にご覧になって下さい。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号
カーセンサー Goo ネット 名車館(製作中)

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.