\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

ポルシェ 356Cクーペ

Information

年式:1964年
色:シルバー
内装:黒レザーレット
走行:不明
検査:車検切れ
イギリス仕様右ハンドル、4速マニュアル、ヘッドレスト付、4輪ディスクブレーキ

・Price  Ask

Description

1964年式、ポルシェ356Cクーペをご案内致します。

 1962年に356シリーズは大幅なモデルチェンジを受け、T6ボデイーに進化を遂げました。
翌63年には4輪デイスクブレーキを装備したCタイプに変更になりました。ブレーキとエンジン以外は前モデルのB/T6モデルとほぼ同様です。大型化されたバンパーに高めに変更されたヘッドライト、三角窓の追加。視界の良くなったガラス開口部なども同様です。ボデイーもクーペ、カブリオレ、ハードトップの3種類が作られ、総生産台数は16684台が作られました。そして15年余の長きにわたり作られてきた356シリーズの最後を飾るモデルとなりました。

 エンジンは356Cよりスタンダードのエンジンでも15馬力アップの75馬力になりました。さらにSCと呼ばれる95馬力版の2種類。当車両はスタンダードの75馬力版です。その走りはスムーズで力強いフィールを持ち、街中走行から高速道路までなんら不満なく走れます。短く太くなったギアレバーはより一層タッチが明確になり操作感が増しています。
 以外にソフトな乗り心地と、よく効く上にタッチも良いディスクブレーキで現代でも充分に実用できるクラシックポルシェと言えます。

 当車両は昭和62年にイギリスより輸入された1台です。356シリーズの右ハンドル仕様は大変珍しく希少なモデルです。ボデイーは10年前にレストアされており当面このままお乗り頂けるコンディションです。インテリアもご覧の通り良好な状態です。エンジン/ミッツションも好調で問題ありません。今でも高速道路を100〜120キロ位で巡行できる性能を有していますからロングドライブも苦になりません。

 実際にドライブしてみると、小気味良く軽快に回るエンジン、意外にクイックなステアリングフィール、そしてよく効くブレーキ。スポーツカーとしての魅力満載なクルマです。
OHV 1.6リッター75馬力のエンジンは、現代の水準では非力ではあるかもしれませんが、これはこれで十二分に楽しめるユニット。メンテナンス性に優れ、セカンドカーとしてクラッシックポルシェを楽しむなら、打って付けのクルマと言えます。室内も適度に広く、使い勝手に優れ、燃費も決して悪くありません。

 スポーツカーとしてだけでなく、普段乗りできるほど乗り易いのは、まさに、生みの親であるポルシェ博士が目指した “ 効率の良い実用的なスポーツカー ” に他なりません。構造がシンプルであるがゆえに、パーツ点数も少なく、メンテナンス性に優れているので、いつまでも乗り続けることが出来るのも魅力の一つ。

ぜひ、現車をご覧になって頂きたい1台です。

 


 

 

 

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:30 AM ~ 7:00 PM
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号

カーセンサー

GOO ネット

Copyright © 2021  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.