\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

ジャガー Eタイプシリーズ1 4.2ロードスター

Information

年式:1967年
色:プライムイエロー
内装:黒レザー
走行:不明
検査: 令和 4年06月
4速マニュアル、左ハンドル、EG/OH、その他レストア済み

・Price  Ask

Description

ジャガーEタイプ/シリーズ1/4.2、ロードスターをご案内致します。

 1960年代初頭に、ジャガーの総帥、ウィリアム・ライオンズが送り出した傑作スポーツカーがこのEタイプです。
その美しいボデイーは、航空機技師であった、マルコム・セイヤーの手によるデザインで、それまでのすべてのスポーツカーが古臭く見えてしまうほど世界中のスポーツカー・メーカーにインパクトを与えたと言われています。
かく言うエンッオ・フェラーリもその一人で、後にフェラーリは一貫してピンファリーナ―デザインを委任し、275GTBをはじめに大きく姿を変えたと言われています。

 Eタイプの魅力はそれだけに留まらず、その高性能ぶりがが大きな反響をよびます。
当初3.8リッターDOHCエンジン、265馬力は充分すぎるパワーで、アメリカ市場などで瞬くまに人気モデルとなりました。しかし、ノンシンクロのミッションや座り心地の良くないシートは不評で、64年にシンクロを備えた内製ギアボックスと改良されたシート、排気量も4.2Lにアップして格段に扱い易くなりました。トルクも増えて増々その力強さに磨きが掛かったのが、シリーズ1/4.2と呼ばれるモデルです。

 当車両は、1967年の冬にニューヨークのジャガーデイーラーにて販売された1台で、エンジン・ギアボックス共にオリジナル。ボデイーカラーのペールプライムイエロー、黒の内装も新車時と同じ仕様です。トップもバイナルのオリジナルに準じたものを新品で張替ています。
2016年にアメリカより輸入、以後、ボデイー、インテリア、足回りとブレーキ関係、エンジンもキャブレターもOH済み、とほぼすべてに手が入っています。
それらの作業に約3年近く費やしてようやく完成となりました。
 
 その乗り味は、スムーズ且つパワフル!の一言です。安定したロードホールデイングに決して悪くない乗り心地で、これまたスムーズ入るギアシフトと相まってドライブするのが楽しくなる1台です。
よくEタイプにありがちな乗り難さは感じられません。極端な話、女性でもドライブできると思います。

 さて、当車両はそのシリーズ1/4.2の後期モデルである、よく俗称ではシリーズ1.5等と呼ばれているタイプですがライト廻り以外は4.2初期モデルと相違する箇所はありません。エンジンやインテリアなども同一となっています。
排気量を活かしたその豪快な走り、繊細で美しいボデイーライン、相反する2つの要素が見事にマッチしてその魅力は今でも尽きる事はありません。いや、むしろ高まって行く事でしょう。

是非一度、その素晴らしさを体験してみては如何でしょうか?

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:30 AM ~ 7:00 PM
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号

カーセンサー

GOO ネット

Copyright © 2019  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.