\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

ポルシェ 911E タルガ

Information

年式:1971年
色:シルバー
内装:黒レザー
走行:不明
検査:平成31年11月
5速マニュアル、左ハンドル、メカニカルインジェクション2.2L

・Price  Ask

Description

稀少かつ素晴らしいコンデションの911Eタルガが入庫しましたので、御案内いたします。

70年から71年の2年間のみ生産された、2.2Lエンジンを搭載する911シリーズは、2L時代のシャープなエンジン特性はそのままに、低速トルクがアップされ、より一層乗り易さに磨きが掛かっています。
かのS・マックイーンも、この2.2L時代の911を数台購入するなど、356時代からポルシェを乗り継いできた彼をして、大きな魅力を持つモデルであったようです。

エンジンは、2.2L、メカニカルインジェクションを装備し155馬力。
ピーキーさを抑え、低回転から高回転まで、フレキシブルな特性となっており、そのパワフルさは、軽い車体と相まってクラッチをミートした瞬間に感じ取れます。
それもそのはず、当時、この911Eの方が、100マイル(約160km/h)までの加速力では、上位グレードの911Sを凌いでいたのです。
まして低速走行やストップ&ゴーが多い日本では、911Eの方が扱い易い場面も多いかと思います。

このクルマの魅力は、何と言っても、タルガトップという、ポルシェが苦心の末に開発した、優れたオープントップを備えていることです。
排気ガス規制や騒音規制などの影響を受ける以前のポルシェの魅力は、その素晴らしい吸排気音に他なりません。
タルガトップにより安全性を確保されたオープンエアでの走行は、ダイレクトにそのエンジンサウンドを味わいながらのもので、この時代のタルガにのみ備わっている三角窓も併せ使い、体全体で風を感じられる、最高のドライブフィールと言えます。

当車両は、新車時からカルフォルニアにてレジストリーされてきたクルマで、ペイントは1度やり直されていると思われますが、オリジナルカラーのシルバーに黒のインテリア。タルガトップにとてもマッチしているカラーで、魅力溢れる組み合わせとなっています。

フルレストアされたクルマとは違うオリジナリティあふれる趣は、中々魅力的です。
1971年12月2日、ビバリーヒルズ在住のオーナーの元にデリバリーされています。新車時にフックスの6Jアロイホイールに、遮熱ガラス、前後のスタビライザー等がオプションリストに記載されています。
その後、1980年代にワシントン州のオーナーの手に渡り大切にされてきたクルマで、2014年に弊社にて輸入致しました。

ぜひ一度、この素晴らしい911Eタルガを、弊社ガレージにて御覧ください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:30 AM ~ 7:00 PM
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号
カーセンサー Goo ネット 名車館

Copyright © 2019  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.