\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

フィアット 1100ファミリアーレ

Information

年式:1960年
色:グレー
内装:ブルー
走行:不明
検査:国内新規登録 車検3年付
4速コラムMT、5ドアワゴン、ベンチシート

・Price  SOLD OUT

Description

1953年に発表されたフィアット1100シリーズは、名デザイナー兼エンジニアであったダンテ・ジアコーサにより生み出されたクルマです。元は1937年戦前から続いてきたモデルの後継車でしたが、このタイプになりフルモノコックボデイーを纏い新たに生まれ変わりました。以来1961年まで生産が続けられ、当時のフィアットを代表する小型車です。ご紹介するのはその中でも大変珍しいファミリアーレと呼ばれるステーション・ワゴンで、国内外でも中々お目に掛かることはない貴重なモデルです。

エンジンは1100cc/4気筒OHVで36馬力。4速ミッションを介してなかなか軽快に走り、勿論パワフルではありませんがコラムシフトを操作しながらチョコマカと走らすのは楽しいものです。クラッチ、ステアリングも軽く運転しやすいのが特徴です。

内装は大衆車そのもののシンプル極まりない簡素なものですが、それはそれでかえって気を使わすに乗れます。
ドライビングポジションも意外に悪くはなく、大人4人が移動するには充分なスペースを持ち、ワゴンという事もあり荷物はリヤのラゲッジスペースに置いてドライブできるので実用性においても悪くはありません。

ジアコーサのデザインといえば、あのフィアット500/チンクエチェントを思い浮かべる人が多いと思いますが、この1100でも彼の個性が存分に反映されたデザインと言えます。どこか優しい可愛らしさと愛嬌を持ったスタイルは、このファミリアーレにおいては尚さら際立っています。グレーのツートーンのボデイーカラーもマッチしており、何ともオシャレな雰囲気を醸し出しています。
全長4m少々、車幅1500ミリに満たない小さなボデイーは日本で楽しむにはもってこいのサイズと言えます

今ではイタリア本国でもその数は少なく元が大衆車であるが故に、価値のないものして扱われて痛み、壊れて大半が1970年代にそのままスクラップになってしまったという現実。それは日本でも同じで、元が安価なクルマというのは得てして似たような境遇を受けるもの。
当車両は珍しくローマにあったクルマをアメリカ人のコレクターが買取りカリフォルニアに輸入したもので、偶然ロサンゼルスにあるのを発見。今やイタリア本国でも少ないこのクルマをアメリカで見つけるとは、いやはや面白い事もあるものです。

そんな訳でボデイーの腐食もことのほか少なく、程度良好の1台。滅多に入らない希少車に付き、ご興味のあるマニアの方は是非お早目にご覧になって下さい。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号
カーセンサー Goo ネット 名車館(製作中)

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.