\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

メルセデス・ベンツ 280SL

Information

年式:1970年
色:アイボリー
内装:タン
走行:不明
検査:国内新規登録 車検3年付
AT.PS,ハードトップ付き

・Price  SOLD OUT

Description

メルセデス・ベンツ280SL(W113型)を御案内いたします。

1963年にデビューしたメルセデス・ベンツのオープンスポーツカーである230SL(2300cc)は、1966年に排気量をアップし250SL(2500cc)となりました。
しかし、年々厳しくなる排気ガス規制をクリアしながらパワーを確保するため、1968年にさらに排気量をアップし280SL(2800cc)を登場させました。
280SLは、W113型の総数48,912台中、最多の23,885台製造され、当時も現在に於いても、W113型各モデルの中で最も人気のあるモデルです。

エンジンはM130型直列6気筒OHC・170馬力。
クランクは7ベアリング支持に変更され、耐久性、静粛性が向上しています。
4輪ディスクブレーキを備え、優れたシャーシーを持っています。
当初、エンジンのパワー不足を指摘された開発者のルドルフ・ウーレンハウトは、先代の300SLガルウイングに比較すれば非力なエンジンでも、優れた足回りによる良好なハンドリングにより十分対抗できると主張。
実際にジャーナリストの眼前で、自らのドライブでジムカーナコースに於いて、プロレーサーの操縦するフェラーリと争い、これを打ち負かしています。

また、このW113型SLの魅力は、なんと言ってもそのスタイル。
名デザイナーとして名を馳せたポール・ブラックの手による、パコダ・ルーフと呼ばれる独特な形状のハードトップと、優雅で繊細なデザインは、いつの時代もメルセデス好きに限らず愛好されています。
そのコンセプトは、先代の190SLと同様、アメリカの女性を含む富裕層にメルセデスのスポーツカーをアピールしセールス上の成功を収めるための戦略的モデルですが、40年以上経っても魅力を失わないそのデザインは、美しく非常に秀逸なものです。

新車時は多くが北米に輸出され、オートマチックにパワーステアリングを装備するなど、現在でも手軽に楽しめるクラッシック・メルセデスとして世界中で人気を博しています。
日本には、昭和40年頃から、ごく少数が往時の正規輸入元であったウェスタン自動車(ヤナセの100%子会社)により輸入され、ヤナセによって販売されました。

当車両は、カルフォルニアにおいてレジストリーされた1台で、御覧の通り良好なコンディション。
ぜひ一度、弊社ガレージにて、現車を御覧くださいませ。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第451470004930号
カーセンサー Goo ネット 名車館(製作中)

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.